Knife

魚をさばくには出刃包丁

魚をさばくのはなかなか難しいですよね。うまくさばけるかどうかは知識や経験の差もありますが、どのような包丁を使用するかも出来を左右します。魚をさばくときには出刃包丁を用意しましょう。3枚おろし、2枚おろし、頭を割る、切り身にする、などのときに使います。出刃包丁は、魚の骨を切ったりするために刃が重くて厚くなっており、普通の調理包丁ではできない作業もできます。
刺身にする際にも、切れ味の悪い普通の調理包丁では魚の繊維を壊してしまいます。もちろん魚だけではなく、刃が欠けてしまいそうな食材を切るときは、出刃包丁を使用するといいでしょう。また、包丁は切り続けていると必ず切れ味は落ちてきます。プロの料理人のように毎日刃を研ぐ必要はありませんが、切れ味が落ちてきたなと感じたら、包丁を研ぐようにすると長持ちします。
そのため、頻繁に研いでも耐久性ができるだけ落ちないように、できればきちんと裏押し加工がされているものを選びましょう。サイズについては、切るものが大きければ刃渡りが長いもの、小さければ刃渡りが短いもの、と切るものの大きさによって使い分けます。大小の2種類あれば、切るものに合わせて変えられるので便利ですね。

Information

  • 魚をさばくには出刃包丁

    魚をさばくのはなかなか難しいですよね。うまくさばけるかどうかは知識や経験の差もありますが、どのような包丁を使用するかも出来を左右します。魚をさばくときには出刃包丁を用意しましょう。3枚おろし、2…

    もっと読む
  • 出刃包丁について詳しくなろう

    出刃包丁とは、日本の和包丁の一つであり、たくさんある出刃包丁の中でも特徴的なものになります。なので、出刃包丁を知らないという人は少ないと思います。使ったことはないという人でも、魚を捌いたり骨ごと…

    もっと読む
  • 出刃包丁の扱い方とは

    出刃包丁は、魚の三枚おろしに使用したり、骨ごと魚を切ったりするような乱暴なイメージがあるせいか、雑に扱ってもいいといったような考えをしている人が少なくありません。また、出刃包丁は普通の包丁と比べ…

    もっと読む
  • 意外と知らない「出刃包丁」ってなに?

    出刃包丁。字面がかっこいいですね。しかし、料理をあまりしない人だと出刃包丁が何であるか、どういう包丁なのか、正確に把握していない人も多いでしょう。出刃包丁は魚をさばくときに用いる包丁のことです。…

    もっと読む
サイトマップ
TOP